読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさ日記(仮)

特にテーマはありません。仕事のこと、趣味のこと、思いついたこと、だらだら綴っていきます。

HP 1810-24G v2 Switch ファームウェアアップデート

 HP 1810-24G v2 Switch(以下、スイッチ)は、小規模の仮想環境を構築する際に、安価にVLAN、Trunk構成が組めるので重宝しており、自分が作業する時は積極的に使用している。

 

 先日サーバー納入した際に、スイッチの電源を切り、再度立ち上げたところ、サーバーからVLANのホストに通信ができなくなってしまった。なお、現象発生時のTrunk構成はスイッチ側が「LACP  Active」、サーバー側(Windows Server 2012)が「LACP」である。

 

 HPカスタマケアセンターに問い合わせたところ、「スイッチ再起動後にトランクポートに接続されている機器のMACアドレスを学習しない」という障害があり、ファームウェアのバージョンアップを勧められた。

 

 手順はマニュアル(HP 1810 Switches Management and Configuration Guide)の「Maintenance Pages - Update Manager」の項にあるが、下記の手順になる。

 

①スイッチにログインする。(デフォルトの管理用IPアドレスは「192.168.2.10」)

②「Maintenance Pages - Update Manager」を表示し、下記の内容を入力し、[Download]ボタンを押下する。

・Update Method:HTTP

・Browse for file:アップデート対象のファームウェアファイル

・Update Type:Code

・Image:Active

※TFTPサーバーが無いので、今回はHTTPを使用した。

f:id:michio_s:20141127151732p:plain

③警告メッセージは[OK]ボタンを押下し、処理を進める。

④画面に「File Transfer Completed Successfully.」が表示されたら、「Reboot Switch」のリンクをクリックする。

f:id:michio_s:20141127151821p:plain

⑤スイッチ再起動後、「Status - System Description」でSoftware Versionを確認する。

f:id:michio_s:20141127151906p:plain