読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものぐさ日記(仮)

特にテーマはありません。仕事のこと、趣味のこと、思いついたこと、だらだら綴っていきます。

【Windows】Hyper-V レプリカで正常性警告(顛末)

 Hyper-V レプリカのレプリカサーバーで Windows Server バックアップを実行した際にレプリケーションでイベント 32546 と 32315 が発生し、レプリケーションの正常性に警告が出る問題であるが、プライマリサーバーとレプリカサーバーでレプリケーションを一時停止することでイベントは発生しなくなった。しかしながら、レプリケーションの正常性には警告が出力される。(一時停止の間もレプリケーションサイクルの一環ということなのだろう・・・)

 最終的にはプライマリサーバーとレプリカサーバーでレプリケーションの停止・再開の同期をとる必要があるし、バックアップの前後で必ず処理を行う必要があることから、バックアップとレプリケーションの停止・再開を以下のような PowerShell のスクリプトで行うことにした。(スクリプトはレプリカサーバーで実行する想定)


# Hyper-V レプリカによるレプリケーション停止
Suspend-VMReplication * -ComputerName HV2 # プライマリサーバー
Suspend-VMReplication *                   # レプリカサーバー

# バックアップポリシー作成
$policy=New-WBPolicy

# バックアップ対象ボリューム指定
$disk = Get-WBDisk | Where-Object -FilterScript {$_.DiskNumber -eq 0}
$volume = Get-WBVolume -Disk $disk
Add-WBVolume -Policy $policy -Volume $volume

# システム状態をバックアップ
Add-WBSystemState -Policy $policy

# ベアメタル回復機能をバックアップ
Add-WBBareMetalRecovery -Policy $policy

# 仮想マシンをバックアップ
$vm = Get-WBVirtualMachine
Add-WBVirtualMachine -Policy $Policy -VirtualMachine $vm

# バックアップの保存場所指定
$target = New-WBbackupTarget -VolumePath F:
Add-WBBackupTarget -Policy $policy -Target $target

# スケジュールバックアップを行う場合
#Set-WBSchedule -Policy $policy -Schedule 1:00
#Set-WBPolicy -Policy $policy

# バックアップを即時実行
Start-WBBackup -Policy $policy

# Hyper-V レプリカ統計情報リセット
Reset-VmReplicationStatistics *
Reset-VmReplicationStatistics * -ComputerName HV2 # プライマリサーバー

# Hyper-V レプリカによるレプリケーション再開
Resume-VMReplication *                   # レプリカサーバー
Resume-VMReplication * -ComputerName HV2 # プライマリサーバー

 バックアップをスクリプトで行うことについては、GUIでの指定と同様なことができているか若干不安ではあったが、結果から見るに問題無さそうである。